さすらいの車上生活者のブログ

キャンピングカーで旅をしながら、日々の出来事や思ったことを記事にしています。

北海道あてのない旅③長万部温泉へ

オシャ、マンベ!って聞いたことあるなぁ・・・あ!あそこだったの!!

f:id:gilgamesno1:20181027195434j:plain

こんにちはMASAです。

10月27日(土)

道の駅しかべから、出発。

 

 

道の駅つど~る・プラザ・さわらへ

道の駅しかべから、国道278号線を進むと・・・

道の駅さわらに到着。

 

 

f:id:gilgamesno1:20181027195516j:plain

朝は雨降りだったけど、晴れてきてとても気持ちいい。

 

 

f:id:gilgamesno1:20181027195442j:plain

外観はこんな感じ。

トイレも綺麗。

f:id:gilgamesno1:20181027195455j:plain

道路の向かいは駐在所なので、車中泊も安心。

 

道の駅に展望台があるので上ってみました。

f:id:gilgamesno1:20181027195524j:plain
f:id:gilgamesno1:20181027195535j:plain

こんな感じで、360度ガラス張りなんでよく見える。

なんとこの望遠鏡は、タダで見れちゃいます。

普通だったら有料だよね?

 

北海道に来て思ったことは、こういった細かいサービス等、

観光客にかなり配慮されているなと思うことです。

f:id:gilgamesno1:20181027195458j:plain

↑ お茶の試飲なんだけど、これも一袋全部試飲なのです。

店員の方も愛想もいいし、北海道好きな人が多い理由はうなずけます。

 

f:id:gilgamesno1:20181027195502j:plain

話は戻って、展望室から見える山は駒ヶ岳。

ん?なんか聞いたことあるな。
駒ヶ岳って他にもなかったっけ?

 

それもそのはず、なんと!

駒ヶ岳って名前がつくのは、全国に18岳もあるそう。

紛らわしいので名前の頭に地名を付けるんだって。

 

写真の山は他と区別しやすいように、北海道駒ヶ岳って呼ぶそう。

1131メートルの活火山で、山頂は登山禁止なんです。

 

 

ここで車中泊するのに一つだけ迷うこと・・・

それは日帰りのお風呂が遠いということです。

鹿部温泉まで(10キロ以上)いかないと入れないので、ちょっと厳しいかな。

また戻ることになるし・・・

 

 

道の駅YOU・遊・もりへ


ということで、次の道の駅へ・・・

 

f:id:gilgamesno1:20181027195531j:plain

↑ 道の駅もり

 

さわらから10キロほど、八雲町方面へ進んだところにあります。

ここはいかめし発祥の地なんだって。

 

イカっていうと函館をイメージするけど、この辺もそうなんだ。

 

いかめしって、第二次大戦中米不足で、お腹いっぱいになるようにイカに米を入れたのが始りなんだそう。

当時ソ連との戦いに備えて、この森っていう地域には兵隊が沢山いたんだって。

その兵隊さん達に、駅弁として売り出したら評判が良くて、それ以来ずっと定番になったらしい。

 

イカって歯ごたえいいし、よく噛んで食べると満腹中枢ていうの刺激するから、お腹いっぱいになるんだね。

ダイエットにも、いかめしって良いのかもしれない・・・

 

 

長万部温泉へ行ってみる

 

函館とかがあるところを、道南って呼びます。

f:id:gilgamesno1:20181028072517j:plain

 

道南方面の事を、旧地名で渡島(おしま)って呼ぶそう。

 

 

f:id:gilgamesno1:20181028065532j:plain

↑ 函館で買った温泉の本

この本は、地図ものってるしすごい便利でいいんだけど、索引するところが旧名のところもあって(全部ではない)ちょっと探すのに苦労する。

 

土地勘が全くない人(自分のこと)には読みづらく感じる。

索引のところは市とか町で表示するか、もしくは北海道全体の地図から細部へ検索するかみたいだと、旅人にはありがたいです。

 

文句言いましたが、営業時間や値段も載ってますし、この本とってもいいですよ。

おすすめです!

 

 

 

そうそう! 

この本で調べて行ってみようかなと思ったのが、長万部(おしゃまんべ)!

 

題名にも書いたけど、長万部ってなんか聞いた事あるんだよね・・・

 

調べたら由利徹さんっていう人のギャグだった!

f:id:gilgamesno1:20181028081145j:plain

光文社『面白倶楽部』新年号(1959)より

 

 

本家は検索してもでてこなかったから、代わりに・・・


山田菜々 おしゃまんべ!

 

今年で42になるから、子供の時にテレビで見ていたんだと思う。

自分の小学生の時は、お笑いといえば、完全にドリフターズだったからインパクトが薄かったんだね。

 

親に全員集合みてると、アホになるから見るな!って言われたっけなぁ(見てたけど!)

あー、懐かしい。

 

 

なぜこの、おしゃまんべギャグができたかっていうと・・・

由利徹さんが、長万部で撮影のときにお世話になったんで、少しでも長万部の宣伝をしようと、おしゃまんべっていいよ!みたいな事を言い続けてたんだって。

 

それで・・・ん?

まんべって、なんか卑猥に聞こえるぞって事で、ギャグにしたんだとか。

それで長万部の地が、一躍有名になったんだそう。

 

由利徹さんの葬儀の時には、長万部町から弔電が送られたそう。

長万部町にとってはヒーローだったんだね。

 

 

早速温泉へ!

f:id:gilgamesno1:20181027195451j:plain

長万部温泉ホテル 6時~21時 

01377-2-2079

料金440円 シャンプー、石けんあり、使い捨てカミソリもありました。

 

浴場は年季の入った感じですが、清掃は行き届いており衛生的でしたよ。