さすらいの車上生活者のブログ

キャンピングカーで旅をしながら、日々の出来事や思ったことを記事にしています。

北海道あてのない旅①津軽フェリーで函館の五稜郭へ

初めてのフェリー、そして函館へ!

f:id:gilgamesno1:20181026165751j:plain

こんにちはMASAです。

 

今回より、私の旅も北海道編に入ります。

 

 

北海道に行くにあたって、一つだけ目標を決めました。

以前から北海道へ行ったら、海沿い一周してみようと思っていたので、何が何でも一周してみたいと思っています。

 

距離にして約3000キロほどです。

 

それ以外は特に目的も決めずに、気になる観光地をブラブラと彷徨います。

旅先で良い情報があれば、ブログで記事にしていきます。

 

こんなホント、いい加減な旅ですが、どうぞお付き合い下さいますようお願いします。

 

 

 

フェリー乗船まで

f:id:gilgamesno1:20181025162742j:plain

 

スタートは大間から函館へ。

私が選んだ航路は、大間から函館までの津軽海峡フェリー。

 

何故この航路を選んだのか?

青森から北海道へフェリーで、渡るには2つの航路があります。

1つは青森港から出ている航路と、もう1つは大間からの航路。

 

フェリー会社も2社あって、津軽海峡フェリーと青函フェリー。

若干料金は青函フェリーが安い。今回同じ条件で、比較したら300円安かった。

 

ネット予約ができるのは、津軽フェリー。

電話予約のみが青函フェリーとなります。

どちらも予約すれば、10%オフになります。

 

ただし津軽フェリーは、クレジットで先払いじゃないと、10%オフは適用されません。

クレジットが使いたくなければ、青函フェリーが良いと思います。

 

私が選んだのは、津軽フェリーで、大間からの出航。

 

 

津軽フェリーにした理由は、ネットで先に予約しちゃっから。

2社を比較したのは、予約後だったからです(笑)

 

何故大間にしたのかというと・・・

下北半島を、観光してみたかったからです。

場所としては、尻屋崎(寒立馬)、恐山、仏ヶ浦などなど割とあるのです。

 

しかしこの下北半島・・・

道は山道が多く険しいところもあって、一周するのは大変です。

尻屋崎と仏ヶ浦だと100キロ以上離れています。

 

下北半島に興味がなければ、青森からの航路をオススメします。

いくら大間からの航路が安いといっても、大間まで遠いですし、ガソリン代と時間を差し引いたら、トントンになります。

 

 青森から大間までは、約150キロもあります。

 

ではここで・・・

下北半島に寄ってきたので、ちょっぴりご紹介。

 

大間へ行くとこんな感じです

f:id:gilgamesno1:20181025162715j:plain
f:id:gilgamesno1:20181025162711j:plain

なんか見たことあるモニュメントあるでしょ?

 

随分遠くまで来たなっていう、最はて感は十分あります。

まぐろの解体ショーとかやってますよ。

 

f:id:gilgamesno1:20181024170503j:plain
f:id:gilgamesno1:20181024170511j:plain

寒立馬(かんだちめ)ってこんなのです。

かわいいでしょ。

 

 

 

 

 

乗船するにあたって

 

津軽海峡フェリーは、ネット予約していたのでスムーズでした。

メールにQRコードが送られてくるので、機械にコードをかざすだけ。

 

f:id:gilgamesno1:20181026165435j:plain

↑ コレです

 

すると券がでてきますので、受け取ってください。

f:id:gilgamesno1:20181026165450j:plain

予約しておくと、車検証とか用意しなくていいので便利です! 

 

 出港30分前になると車を、フェリーに乗せられます。

ドライバーの方だけ車で待機。同乗者はフェリーターミナルからの乗船になります。

 

スタンダードの船室

 

いっちばん安いスタンダードにしました。

f:id:gilgamesno1:20181026165727j:plain
f:id:gilgamesno1:20181026165724j:plain

船室はこんな感じ。

枕もあるので寝ている人も結構いました。

っていうより、みんな寝てたかな(笑)

 

テレビもあります。

f:id:gilgamesno1:20181026165743j:plain
f:id:gilgamesno1:20181026165737j:plain

デッキにも出れます。

しかし海の上は寒いので、上着を忘れないでください。

 

大間からなら、1時間30分で到着です。

 

土方歳三好きなら一度は五稜郭へ

f:id:gilgamesno1:20181026165810j:plain

函館フェリーターミナルから、五稜郭まで約5キロほどです。

距離も近いので、ぜひおすすめ。

 

 

ただし五稜郭は、専用駐車場はないので、近くの有料駐車場にとめるしかありません。

しかし駐車場は近くに沢山ありますし、1時間200円~とかなので、それほど料金は気にしなくて大丈夫だと思います。

(時間延長は30分100円です)

 

 

そうそう!

五稜郭をオススメするのには、2つ理由があります。

 

まず一つ目

 

 

函館の街を見渡すには、最高に眺めがいい

 

函館山に行くのも良いですが、こちらも負けてはいません。

函館山が334メートルに対して、五稜郭は107メートルとだいぶ低いですが、街中にあるので十分です。

 

f:id:gilgamesno1:20181026165947j:plain
f:id:gilgamesno1:20181026165950j:plain
f:id:gilgamesno1:20181026165939j:plain
f:id:gilgamesno1:20181026165936j:plain

見て下さい。

函館の街並みや、空気が澄んでいれば下北半島まで見えるそうです。

f:id:gilgamesno1:20181026165926j:plain


 

f:id:gilgamesno1:20181026165942j:plain

下を見ると怖いくらいです。

 

10月21日から4月20日までは、18時までの営業ですが、その頃は陽が落ちるのも早いですし、十分夜景も見れると思いますよ。

 

2つめは・・・

 

戊辰戦争終結と土方歳三最後の地

好きな人は、一度行ってみてよいでしょう。

当時に思いを馳せてみるのもいいかもしれません。

何せ、ここで戊辰戦争が終結し、明治へと大きく変わっていったのですからね・・・

 

お土産もたくさんあります。

f:id:gilgamesno1:20181026165840j:plain

かわいくディフォルメされてますが・・・

他にもめちゃくちゃあります!(写真これしか撮ってませんでした)

これでもかってくらい土方押しなので、ファンにはたまりませんよ!?

 

最上階には、五稜郭の歴史がパネルで紹介してあって、読み応え十分のテキスト量でした。

 

 

五稜郭の近くで昼食は、ラッキーピエロで決まり!

f:id:gilgamesno1:20181026165543j:plain

 

北海道では有名な、ご当地ハンバーガーチェーン店なんですって!

場所は稜角の目の前!

他にも数店函館市内にあるみたい。

 

凄い目立つお店なので、迷うことはありません!

なんでも全国ご当地ハンバーガーショップ1位になったんだとか・・・

 

これは期待できそう!

 

f:id:gilgamesno1:20181026165613j:plain
f:id:gilgamesno1:20181026165426j:plain

メニューも豊富

 

f:id:gilgamesno1:20181026165415j:plain

↑ 店内カウンターはこんな感じ

なんか、ごちゃごちゃして賑やか!

 

注文したのは、チャイニーズチキンバーガーっていう一番人気商品!

お値段350円

f:id:gilgamesno1:20181026165517j:plain

↑ 手書きのチケット

なんか地元に、根付いてるって感じがかなりします。

接客も丁寧で、好感がもてます。

 

f:id:gilgamesno1:20181026165627j:plain

↑ キタアアア!

 

お腹減ってたからおいしい!

鶏の唐揚げを甘辛のソースで絡めてあって、かなり美味。

バンズも柔らかくてふんわり。

 

お土産も充実してます。

f:id:gilgamesno1:20181026165422j:plain

ラーメンとかカレーなんかもある!

 

f:id:gilgamesno1:20181026165606j:plain

ガラナ買ってみました!

 

 

一日目は、こんな感じで終了です。